08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
31
<< >>

This Archive : 2011年08月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みんなに、ありがとう。

2011.08.30 *Tue
ichi116i.jpg


寝起きはとってもブサイクな市です。
ベロ出ちゃってるし。
しかもなかなかしまわないし。


ichi116j.jpg


ブサイク市はさておき。(笑)


先日の記事には皆さまから温かい拍手コメントを頂きました。
ものすごく私的なことなのに、
同じように涙してくださったり感動してくださったり。
すごくすごく嬉しかったです。
本当にありがとうございました。

おかげさまで私は元気です。
実家のばぁばも元気です。
週2回のデイサービスにも張り切って通ってます♪


そして、なんと私は新しいことを始めちゃいました!
約4年ぶりのお仕事です。
あ、幼稚園じゃないですよ!
某衣料品店でのアルバイトです。

接客の仕事は学生の時以来。
何年ぶりかは怖すぎるので計算しません。

もともと接客業は嫌いじゃないので、
笑顔で「いらっしゃいませ~♪」しております。

まだ始めてから1週間なので、
イレギュラーなことが起きるとアセアセなのですが、
お客様が優しいので助けられています。

「ありがとね~」
「どうも~」
何気なく掛けてくださる言葉に気分はほんわか。
ニコっと笑ってくださるだけで嬉しい。
コミュニケーションって大事ですねぇ。

家を出るのは9時過ぎなので余裕なのですが、
仕事の時に限って市の散歩が長いんですよねぇ。

散歩を終えてから掃除機かけて、洗濯物干して、
自分も朝ごはんを食べなくちゃいけないのに、
なんだかウダウダウダウダと牛歩。

今日はバイトないよー!ゆっくり散歩しよー!
なんて時に限って30分で終了したり・・・。

何か察してるんだか何なんだか。
ま、最近ちょいと寝坊気味な私がいけないのかな。
なんだかんだで散歩出るのが6時半過ぎてるし・・・。
明日はもっと早く起きよーっと。



そういえば。
じぃじの葬儀のあった2日間、
市は黒ラブはなちゃん家にお泊まりしました。

まったく時間が読めなかったので、
市を留守番させておくのも気がかりで、
はなのおかぁちゃんの厚意に甘えちゃいました♪

私としてはそこらの店に預けるよりよっぽど安心。
市をよーく分かってくれているもの。
ま、おかぁちゃんは大変だったでしょうけども・・・。
きっと2日間で痩せたんじゃないだろうか。

困った時に支えてくれる誰かがいるって、
本当にありがたいことです。
人の優しさをひしひしと実感している今日この頃です。


ichi113k.jpg


「あたしも感謝してるの!
おかぁちゃん、はなちゃん、ありがとう♪」







スポンサーサイト
| 未分類 |

遅くなりましたが、ご報告。

2011.08.16 *Tue
皆さま、ご無沙汰しておりました。
色々と忙しく、なかなかパソコンに向かえませんでした。



8月1日、朝。
じぃじが永遠の眠りにつきました。

89才4ヶ月。
いい人生、いい最期だったのではないでしょうか。

老衰と診断されてから約1ヶ月。
寝てばかりだったけど、
家族のそばで過ごすことができました。

そして最期は長年連れ添ったばぁばの隣で。
夜眠ったまま息を引き取ったようです。

ばぁばは意外に神経質な人で、
少しの物音にも目を覚ましてしまう人なのですが、
その夜は何事もなく朝までぐっすりだったそうです。

なので、じぃじは何も苦しむことなく、
安らかに最期を迎えたのでしょうね。

ばぁばは
「お父さん、サヨナラも言ってくれなかった」
と、泣いていましたけどね。

私も最期の瞬間に一緒にいられず、
ああ、ごめんね・・・とは思ったのですが、
父の時のような後悔の気持ちはないです。

誰に言っても『幸せな最期』と言われるじぃじ。
大げさなくらい痛みに弱いじぃじだから、
最期に痛い思いや苦しい思いをしなかったことが
本当に良かったと思うのです。

目もほとんど見えず、耳も遠く、
なかなか思い通りに過ごせなかった晩年。
でも市のことは可愛がってくれました。

名前は分かってないみたいだったけど、
市を連れて行くと
「ワンちゃん、いるの?」
と手を伸ばしてきてくれました。

市もじぃじに対しては、
どんな撫で方をされても怒ることなく、
静かに撫でられていたんですよ。
不思議ですね。


ichi115p.jpg



よく亡くなった後が忙しいのは、
悲しむ時間を減らすためなんて言ったりもしますが、
いやはや、本当にそう思いましたよ。

葬儀が終わるまでは、それの手配や打ち合わせなど。
それが終わってからは事務的な手続きなどなど。

特に世帯主が亡くなるというのは大変ですね。
あらゆるものの名義変更やら何やら。
もう何本電話をかけたことか。
でもまだ年金の手続きとかあるんだよねぇ。



思い切り泣けたのは葬儀の間だけでした。
ここぞとばかりにいっぱい泣きました。

卓球がライフワークだったじぃじ。
試合で北海道や韓国にも行ったりしてね。

地元のおばさま方にも教えたり試合をセッティングしたりして、
よく家でトーナメント表を作ってましたねぇ。

だからお別れの時には卓球のユニフォームを着て、
お気に入りの帽子をかぶり、
ラケットとボールをそばに置いて、
そして大好きだった沢山の花に囲まれていました。

ただ眠っているだけのような安らかな顔。
でもその頬にも手にもぬくもりはなく・・・。
分かっているのに何度も何度も触れてしまいました。


「ありがとう。育ててくれてありがとう。」


従兄妹の子供である私を引き取って、
いっぱいいっぱい愛情をくれたね。

私を自転車の後ろに乗せて、
お買い物に行ったり、海に遊びに行ったり。

夏休みには伊豆の民宿に泊まりに行ったね。
途中で土砂降りになっちゃったりしてさ。
それでも楽しかったんだよ。
すっごい覚えてる。

ばぁばのご飯には文句つけるくせに、
私が作った物は何でもおいしいって食べてくれたね。
ばぁばの作った物よりおいしくないはずなのに。

「おまえは頭のいい子だ」
「おまえはスジがいい」
「おまえの字はきれいだ」
「おまえが来てくれて良かった」

何でもかんでも褒めてくれたね。
・・・親バカ。

ばぁばには亭主関白で頑固親父だったのに、
私には本当に優しくて寛大で。
でもたまにガツンと雷を落としてくれて。

その愛情があったから、
私、色々頑張れたんだと思う。


じぃじ、大好きだよ。

ありがとう。
















| 未分類 |

プロフィール

市ママ

Author:市ママ
柴犬市とパパ&ママ、穏やかな湘南でのんびり暮らしています。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ

未分類 (16)
市のこと (43)
トレーニング (37)
いつもの暮らし (29)
あたし○○なんです (3)
おでかけ (31)
お友達 (6)
ママのこと (11)
お買い物 (1)
散歩 (6)
愛護 (3)
健康 (5)
手作り (1)
パパのこと (2)
おうちづくり (2)
ウマいもの (0)



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



Copyright © 一期市会 ~柴犬市との日々~ All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: Bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。