11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>

This Category : 愛護

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと腹の立つ話

2010.07.23 *Fri
先日、とあるトーク番組を見ていた時のこと。
ゲストのベテラン芸人(男性)の話が気になりました。

その方はすでにトイプーを飼っているんだそうですが、
ショップでかわいいトイプーを見かけ、
衝動買いしたそうです。

なんでも自分のことを「パパ」と呼んだそうな・・・。
ちなみにその妻のことも「ママ」と呼んだそうです。

でも家には先住犬がいます。
そしてその新入りちゃんは先住犬よりイバる(笑)そうで、
ちょっと手を焼いたようなことを言ってました。

そしてその新入りちゃん。
先住犬と同じ犬種であるトイプーなのに、
どうも顔立ちが違うな・・・と思っていたそうです。

で、ある日。
トリミングに連れて行ったところ、
トリマーさんに言われたんだそうです。
「この仔、トイプーじゃありませんね~」と。

そして購入したショップからブリーダーさんに連絡したら、
どうやら心当たりがある様子。
産んだのは確かにトイプーなのですが、
1度フラっと出て行った時があったそうなのです・・・。
きっとその時にどこかで授かった命なのでしょう。

「トイプードルじゃなくてチョイプードルだったんですわー」
と、その芸人さんは笑って話していました。

で、結局。
返しただか交換してもらっただか言ってました。
聞いててあまりに腹立たしくて、最後ちゃんと聞いてなかった。


ichi72j.jpg



なんだか・・・。
フーーーってなる話じゃないですか?

まず衝動買いってとこでおかしい!
ましてや先住犬がいるのに、
その仔との相性とか何も考えなかったんですかね。

で、そのショップもブリーダーもおかしすぎる!
大切なワンコの管理もできないなんて。
しかもそれで商売しちゃってるなんて。

そしてその芸人さんもどうなの?
トイプーじゃなかったからなんて、そんな簡単に手放せるもの?

トリミングに出したってくらいですから、
しばらく一緒に生活してた訳ですよね。
情とかってないのでしょうかね。

一緒にいた期間がどのくらいか分かりませんが、
少しでも一緒に暮らしたら、もうその仔が愛しくて愛しくて、
何があっても放したくないって思うんじゃないですかねぇ。

うーん、気持ちがそこまで行ってなかったのか。
そもそも感じ方が違うのか。

なんだか聞いててムカムカしてしまいました。
きっと今後テレビでその芸人さんを見かけるたび、
冷やかな目で見てしまうんだろうなぁ・・・。


ichi62t.jpg



そんな話を聞いて間もなく。
ロバにパラセーリングをさせた人間のニュースを見ました。
ロシアでの出来事だそうです。

なんでも観光会社か何かの宣伝のためだったとか。
ロバは訳も分からず30分にわたり空を飛ばされ、
その間ずっと鳴き声をあげていたそうです。

聞いてるだけで涙が出そう。
なんてバカなの、人間。

犬だってロバだって、
一生懸命生きているんだよ。

愚かな人間が純粋な動物の気持ちを裏切ることのないように。



ichi72i.jpg











スポンサーサイト
| 愛護 |

動物保護センター見学

2010.03.14 *Sun
3月12日、チャーリーママさんとチャーリー組のみんなと
神奈川県動物保護センターに見学に行ってきました。

行く前はちょっと躊躇していました。
しっかり現実を受け止められるだろうか?
まっすぐに見据えることができるだろうか?

でも大切なのは知ること。
きちんと自分の目で見ること。

いざ保護センターを目の前にして、心拍数が上がりました。
少なからず緊張している自分がいました。


まずは約1時間、資料を元に職員の方のお話を聞きました。
残念ながら殺処分はゼロではないですが、
着実に減少しているそうです。
そして、保護センターに持ち込まれる数自体減っているそうです。

保護された仔も職員さんやボランティアさんのご尽力により、
新たな生活を始められる仔が増えているそうです。
実際この日いた仔達にも『譲渡』の札がかかっていました。

保護されたばかりの仔を見た時、情けないですが涙が出ました。
泣かないようにしようと思っていたのに・・・。

決して未来を案じて泣いたわけではなく、
この仔がなんでここにいるのだろう?という思いからです。
今それぞれのご家庭で幸せに暮らしている仔と変わらない、
本当に純粋な目をしていました。

でも見学に行って良かったです。
知ることが大事だということを改めて感じました。


今自分にできること。
それは市に最期の時が来るまで一緒にいること。
愛し続けること。

ichi49v.jpg


どの仔もそんな思いと共に生きられますように。





| 愛護 |

そばにいるだけで

2009.10.15 *Thu
まだまだイタズラっこの市。

夜、なんだか目が冴えて

「ちょっと何か齧っちゃおうかな~」ってなったりする。

そんな時に

「じゃあママはネンネしようかな~」なんて言って

その辺にゴロンと横になってみる。

すると、

トコトコそばに来て、私の横でガムとかナイラボーンを噛み始めたりする。


P1000823.jpg
ガブガブガブガブ・・・

この日はカイくんにもらったガリレオだね。

嬉しそうに噛んでるなぁ。

なんだか安心した顔してるなぁ。


P1000824.jpg
ガブガブガブガブ・・・


かわいい横顔。

それにしても近い!

こんなすぐ横でリラックスした顔してくれてる。


そんな市を見てたら・・・

ん?目頭が熱い!

なんだか分からないけど涙が出てきた。

なんだか分からないけど止まらない。

片方の手で市をなでながら

片方の手で涙をぬぐう。

たまにこういうことがある。

いつも一緒にいるけど、

その存在に思いっきり感謝したくなる。

ただそばにいてくれるだけで

それだけでいいよって気持ちになる。

あなたが幸せならそれでいいよって。




先日『動物フェスティバル神奈川2009 in ふじさわ』
というイベントに行ってきました。

介助犬や聴導犬のデモンストレーション、
しつけ教室のデモンストレーション、(これはちょっと・・・?でした)
健康相談などなど色々なことが行われていました。


P1000839.jpg

P1000838.jpg
トイプーあずきちゃんと同じ色だからビッグあずき♪


介助犬のデモンストレーションを見たんですけど、
無理にやらされてる感が全然なくて、
自分の仕事を楽しそうに行っているように見えました。

指示の出し方もすごく優しくて素敵でした。
落とした物を拾う指示を出す時、
「テイク!」じゃなくて
「テイク♪」って感じだったんです。
そしてできたら笑顔でたっぷり褒めて、
介助犬の仔もキラキラした笑顔で見つめ返していました。


P1000840.jpg
はなのおかぁちゃんにナデナデされてウットリ♪


そんな介助犬の様子を見てた私達。
気がついたらみんなで泣いてましたよ。

なんだかねぇ、みんな健気でねぇ。
まっすぐな瞳で見つめる様子が何とも言えなくて。

犬って本当に素直で従順で、
たまらなく愛おしい存在なんですよ。

そんな存在を簡単に傷つけてしまう人間たち。

「引っ越すからもう飼えない」
「病気になった犬はもういらない」
「思ってた犬と違ってた」

そんなバカみたいな理由であっけなく放棄する人間のいる世の中。

絶対おかしい。

絶対許されない。



この日も新しい飼い主さんとの出会いを待つ仔達が来ていました。

みんな素敵な出会いがあるといいね。

最期までその存在を慈しみ、

共に暮らす時間を大切にしてくれる人に出会えるといいね。

すべての仔に幸せが訪れますように。







| 愛護 |

プロフィール

市ママ

Author:市ママ
柴犬市とパパ&ママ、穏やかな湘南でのんびり暮らしています。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ

未分類 (16)
市のこと (43)
トレーニング (37)
いつもの暮らし (29)
あたし○○なんです (3)
おでかけ (31)
お友達 (6)
ママのこと (11)
お買い物 (1)
散歩 (6)
愛護 (3)
健康 (5)
手作り (1)
パパのこと (2)
おうちづくり (2)
ウマいもの (0)



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



Copyright © 一期市会 ~柴犬市との日々~ All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: Bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。